PM2.5に対する注意喚起の判断方法

環境省の見解その2

「PM2.5 は日中・夜間や季節を問わずに暫定的な指針となる値を超える可能性があるが、注意喚起は、参考情報として広く社会一般に注意を促すために行うものであることから、高感受性者を含む一般の人が屋外で活動する機会の増える日中の行動の参考となるよう、多くの人が活動を始める午前中の早めの時間帯に行うことが考えられる。また注意喚起の判断は、一般環境大気測定局における当該日のPM2.5 濃度の日平均値が70μg/m3 を超えると予想される場合に行うことが適当である。 注意喚起を行うか否かの判断に用いる測定値としては、日平均値を用いることも考えられるが、この場合、前日の日平均値を用いて判断することとなるため、判断時点の状況を正確に反映できない可能性が高い。したがって、注意喚起を行うか否かの判断のためには1時間値を用いて判断することが適当である。」

平均値が70μg/m3を超える場合に注意喚起されるようです。ただし国や市町村が掲載している情報は実際の数値上昇時とタイムラグがあるため、いかなるときにも対応できるように注意しておいたほうが良いといえます。また、測定の精度についても実証されておらずあくまでも数値はおおまかな判断材料に使用するものと考えておきましょう。普段からPM2.5対応のマスクなどし、対策しておくことが求められるようです。

参考ページ



 

Copylight by [PM2.5対応マスク]なら安心安全のN95マスク通販

inserted by FC2 system

inserted by FC2 system